母指多指症の手術とその術後経過

おことわり

母指多指症の手術をより深くご理解頂くため、ここでは手術前と手術後の写真を掲載しております。写真につきましては、すでに手術を受けられたご家族様から「これからの方々のために」というご厚意により掲載させて頂いております。写真の複写や転載などの無断利用については固くご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

ここではワッセル分類(母指多指症の分類の項を参照)に準じて、橈側の母指が発生する高さでレベルⅠからⅥまで分けております。

レベルⅠ

末節骨の先で分かれている場合は橈側と尺側の爪が癒合して、あたかも1枚の幅広い爪のように見えます。手術では尺側の母指を残しますが、基節骨が太い場合には基節骨の減量や併合も必要となります。整容面では傷あとを背側に残さないこと、爪のかたちを対称にすること、指先の橈側をふくよかにすることを目標にデザインをします。


レベルⅡ

IP関節よりも指先側で分かれている場合は母指球筋の処理は必要ありません。末節骨の傾きや爪の大きさ、対称性などを考慮して、尺側母指を残す手術か二分併合法かを選択します。爪が大きくかたちが対称である場合には、尺側(小指側)を残します。橈側の靭帯は橈側の母指から頂きます。レベルⅠと同様に、整容面では傷あとを背側に残さないこと、爪のかたちを対称にすること、指先の橈側をふくよかにすることを目標にデザインをします。

母指多指症 レベルⅡ 手術前と手術後

レベルⅢ

基節骨の先で分かれている場合は爪が小さく、かたちが非対称なことが多く、二分併合法の適応を検討します。併合した爪のつなぎ目は次第に目立ちにくくなりますが、目立つ場合には修正手術をすることがあります。基節骨が太い場合には、基節骨も併合します。高度な技術が必要となりますので、母指多指症を専門とする医師以外には勧められません。

母指多指症 レベルⅢ 手術前と手術後

レベルⅣ

MP関節で分かれている場合は、母指球筋の処理が必要となります。尺側母指が真っすぐな場合は比較的手術はシンプルとなります。短母指外転筋は母指を対立させるべく、内旋するように機能させる必要があります。一方、関節が柔らかく、曲がっている場合には軟部組織の調整が必要となります。このような場合には専門とする医師に治療を受けることをお勧めします。たとえ指が曲がっていても、軟部組織の調整で真っすぐになることが多く、骨切りの必要性については慎重に判断します。両方の母指が極めて華奢な場合には二分併合法を適応することがありますが、爪や傷あとを綺麗にすることは非常に難しく、またIP関節の可動域低下や偏位(傾くこと)がみられることがあります。

母指多指症 レベルⅣ 手術前と手術後

レベルⅤ

母指が中手骨のレベルで分かれている場合は短母指外転筋が低形成となり、母指球筋のバランスが内転・屈曲にシフトします。そのためX線で第1中手骨の内転を確認する必要があります。第1指間の狭小を認めた場合には指間形成術を行います。短母指外転筋が短く、レベルⅣのような移行ができないことがあります。術後経過により骨切りや対立再建術を行うことがあります。レベルⅤ~Ⅵの症例数は比較的少ないため、これらの経験が豊富な医師に治療を委ねることをお勧めします。

母指多指症 レベルⅤ 手術前と手術後

レベルⅥ

母指が最も手関節に近いレベルから分かれています。この場合は短母指外転筋が非常に低形成となり、母指球筋のバランスが内転・屈曲にシフトします。そのためX線では第1中手骨が内転しています。尺側(小指側)母指はMP関節尺側の靭帯が緩んで橈屈しているケースを認めます。そのため、一見母指と示指の開きが良いように見えることがありますが、X線を撮ると写真のように基節骨と中手骨が真っすぐ並んでいないことがわかります。第1指間の狭小を認めますので、指間形成術を行います。母指内転筋の処理が必要となることがあります。短母指外転筋が極めて小さく、主に短母指屈筋を移行することになります。術後経過により骨切りや対立再建術を行うことがあります。レベルⅤ~Ⅵの症例数は比較的少ないため、これらの経験が豊富な医師に治療を委ねることをお勧めします。

母指多指症 レベルⅥ 手術前と手術後